大磯プリンスホテルでリゾートバイトを体験してきた口コミ

投稿者: | 2020年3月12日

大学一年生の夏休みの1ヶ月間、神奈川県の大磯プリンスホテルの中華の厨房で調理補助のアルバイトをやっていました。
大磯プリンスホテルは大磯ロングビーチが併設したホテルで、夏休みの繁忙期の間のみ短期アルバイトを募集しています。職種は、プールでの売店、ホテル内の売店やホテル業務、そしてホテルの厨房があり、厨房が一番人気がなかったためすぐに採用されました。

私が働いた時は神奈川県の最低賃金が810円くらいでしたが、時給1000円という好待遇でした。
仕事時間は12時から21時までで15時から16時まで1時間休憩です。
主な仕事内容は洗い物がメインで、包丁を使わない範囲で材料を小さくしたり、出来上がった料理をホールの人に渡すことです。
包丁を握ったり、鍋を降ることはなかったので料理未経験者でも安心して働けました。
その他には掃除やゴミ出しなどの雑用も仕事の一つです。
また、8月半ばあたりからは17時から21時までバイキング会場に立ち、お客様に一口サイズのラーメンを提供する仕事をやりました。
バイキング会場に立つ際は接客業務にはなりますが、お客様から注文を受ける、麺を30秒ほど茹でる、麺を器に盛る、スープを入れる、お客様に渡すという流れなので、最低限の敬語が使えれば問題ありません。近くにホールの人がいたので、お客様に何か聞かれてもホールの人に聞けば大丈夫でした。

厨房でのアルバイトをやっていて一番良かったと思ったことは食事です。昼食、夕食は従業員用の食堂があり、そこを利用することができますが、メニューが日替わりの2〜3種類しかなく、500円くらいします。利用すると給料から天引きされます。しかし、厨房でアルバイトをしていたため、夕食はまかないを作ってもらえました。中華の厨房なので中華料理ばかりでしたが、プロが作った料理をタダで食べることができたのが一番良かったことだと思いました。

嬉しかったことは、バイキング会場で立っている際にお客様から好感を持てたスタッフに選んでもらい、お客様アンケートに書いて頂いたことです。その時は普段厳しいチーフにも褒めてもらえました。
大変だったことは、ほとんど一日中立ちっぱなしの仕事なので足が疲れてしまうことです。特にバイキング会場ではお客様が見ているため、屈伸などすることもできなかったので大変でした。
他には空調が効いているとはいえ、やはり厨房なので暑くて、少し動くだけでも汗をかいてしまいます。
このような大変さはありましたがやはり毎日美味しいまかないが食べられる、お客様から好感を持てるスタッフに選んで頂いたことでやりがいを持って働くことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です